hokkaidohighway’s diary

北海道と特徴としましては何と言っても広さです。この広大な土地を数日間で旅をする皆様に、車で移動する時の道路案内をすることを目的にはじめました。 目的地までに高速道路を使用することの費用対効果、全国各地の高速道路費用対効果の検証もしてみます。

小樽から滝川までは高速道路か?一般道路か?

北海道 高速道路

【小樽から滝川】

小樽から滝川まで高速道路を使用する場合の効果を検証してみました。

まずは、小樽から滝川まで高速道路を使用する場合の行き方です。 小樽中心部からは、国道5号線を札幌方面に向かい、右折して小樽ICに入るか、小樽運河通りの道道17号線を直進して札樽自動車道を使用する2通りの入り方があります。小樽ICから札樽自動車道に入りましたら、札幌方面へ向かい走り約40kmで札幌JCTがありますので左方向、旭川方面に向かいます。 滝川市内に行く場合には、奈井江砂川ICで下りたほうが良いです。滝川ICまでいきますと、市内を通り過ぎていますので戻る必要があります。 距離は125kmで所要時間は1時間40分です。 高速道路の料金は通常時3150円です。 ETC割引時は2210円です。

次は一般道を使用する場合の行き方です。 小樽中心部から銭函までは国道5号線を使用します。 銭函から、国道337号線に入り石狩方面へ向かいます。当別まで行きましたら、国道275号線を使用します。国道275号線を使用して、新十津川町までいきますと滝川はもうすぐです。青看板が出てくると思いますが、新十津川で右折して国道451号線に入と滝川に到着します。 国道12号線は主要な街が多いため、(江別、岩見沢、美唄など)信号も多く、混雑することが多いです。したがって、国道275号線を使用する方が早いです。

距離は110kmで所要時間は2時間15分です。

それでは、小樽から滝川までの区間で小樽ICから奈井江砂川ICまで、高速道路使用した場合の費用対効果は以下のようになります。 高速道路を使用した場合には、所要時間は35分短縮され、経費は3150円となります。 【ETC割引価格は2210円です。】

通常時 0.9

ETC割引時 0.63

等サイトでは0.5以下は費用対効果が高いと考えています。

1分短縮するのに必要な経費は90円です。 ETC割引がある時には必要な経費は63円です。 小樽から滝川まで高速道路を使用する場合通時の、費用対効果はあまり高くありません。混雑等も今回ご紹介した道のりですとあまりありませんので、当サイトでは一般道路をおすすめいたします。

北海道名物松尾ジンギスカンは食べましたか? 新鮮味付ジンギスカンを北海道からお届け。 創業以来、ジンギスカンひとすじに味を追求し、 天然の果汁やスパイスだけでつくった秘伝のタレで、 ご家庭にお届けします。 初めての方にオススメは、

おためしAセットです!お土産として自宅やお友達に送っても喜ばれます。

送料無料でお届けします。

しかし、運転者の負担を考えますと高速道路を使用することを検討する価値はあります。 また、ETC割引が効く場合には、高速道路を使用する効果は高めであることも検討してください。 最後に、ハイシーズンの土日は国道が混雑する可能性もございます。