hokkaidohighway’s diary

北海道と特徴としましては何と言っても広さです。この広大な土地を数日間で旅をする皆様に、車で移動する時の道路案内をすることを目的にはじめました。 目的地までに高速道路を使用することの費用対効果、全国各地の高速道路費用対効果の検証もしてみます。

札幌から留萌までは高速バスかJR、どちらがお得?

【札幌から留萌】 札幌から留萌まで行くのに、高速バスで行く場合とJRで行く場合どちらがお得かを、所要時間と料金を比較してみました。

まず、高速バスを使用して留萌に行く場合の行き方です。 札幌駅から高速バスは「高速るもい号」があります。「高速るもい号」の始発時間は7:20分であります。発車間隔は1時間半に一本くらいで運行しており、最終は19時35分であります。1日の本数は9本と多くはありませんが、札幌、留萌間を毎日繋ぐ「高速るもい号」が走っています。 ここでは、運行ダイヤは夏ダイヤ、冬ダイヤで変更しますので記載致しませんので、詳しくは中央バスダイヤ表を確認してください。

留萌行きの高速バス「高速るもい号」は野幌、砂川、滝川、深川などを経由して、およそ3時間の所要時間で留萌まで行くことができます。 料金は片道ですと2370円で、往復ですと少しお得になり4420円です。 もう一つ確認していただきたいのが、停車する場所です。時間帯によって、滝川に止まるバスや止まらないバスなどがあるようですので、注意が必要です。

次は、JR北海道を使用して札幌駅から留萌駅まで行く方法です。 札幌から留萌まで行くのには、旭川行きの特急に乗り、深川まで行き乗り換えをする必要があります。深川からは普通列車になります。 料金は、往復でお得なSキップがありまして5310円です。有効期間は6日間です。 札幌から留萌までのJRでの、所要時間は2時間10分であります。

それでは、札幌から留萌まで行くのに高速バスを使用する場合とJRを使用する場合とで、時間と料金を比較してみます。

高速バス 所要時間 3時間 往復料金 4420円

JR北海道 所要時間 2時間10分 往復料金 5310円

札幌から留萌までの間は、JRを使用した方が片道で50分時間を短縮することができます。 往復ですと、100分の時間短縮になります。 料金は往復でJRの方が890円高くなります。 少しでも早く到着したい時には、JRの方が有利だと思われます。

北海道名物松尾ジンギスカンは食べましたか? 新鮮味付ジンギスカンを北海道からお届け。 創業以来、ジンギスカンひとすじに味を追求し、 天然の果汁やスパイスだけでつくった秘伝のタレで、 ご家庭にお届けします。 初めての方にオススメは、

おためしAセットです!お土産として自宅やお友達に送っても喜ばれます。

送料無料でお届けします。

なお、JRを使用した場合には乗り換えが必要であります。深川駅での乗り換えのタイミング次第では時間が変わってしまい、2時間10分では到着できない場合もあります。 また、JRではSキップですと割安になりますが片道だけの料金は5040円となり、割高になるため、片道だけの使用でありましたら、高速バスを使用することをおすすめいたします。