hokkaidohighway’s diary

北海道と特徴としましては何と言っても広さです。この広大な土地を数日間で旅をする皆様に、車で移動する時の道路案内をすることを目的にはじめました。 目的地までに高速道路を使用することの費用対効果、全国各地の高速道路費用対効果の検証もしてみます。

函館から旭川は高速道路(有料道路)か一般道路か?北海道 高速道路

北海道 高速道路

 

【函館から旭川】

函館から旭川までの間で、高速道路を使用する場合の費用対効果を検証してみました。

先ずは、高速道路を函館から旭川まで使用する場合の行き方です。
函館中心部からは、国道5号線を使用して函館ICまで行きます。函館ICから大沼公園ICまでの函館新道は無料で走ることができます。
大沼公園ICからは有料の高速道路、道央自動車道になります。道央自動車道を使用して札幌JCTまで行きます。札幌JCTからは右方向、旭川方面へ向かいます。そのまま道央自動車道を走り、岩見沢、滝川、深川を経由して旭川鷹栖ICで高速道路をおります。

旭川鷹栖ICでおりてからは、国道12号線、道道

1124号線を使用して旭川中心部へ向かいます。
距離は440kmで、所要時間は5時間40分です。
高速道路の料金は9740円となります。
ETC割引時では6820円です。


次は、一般道を使用して旭川まで行く方法です。函館からは国道5号線を使用して、八雲、長万部を経由して豊浦まで行きます。豊浦からは左折で国道37号線に入ります。洞爺湖の道の駅手前で国道285号線に入り、札幌方面へと走ります。その後は国道230号線で中山峠を超え、札幌へ入ります。札幌からは、国道275号線を使用して新十津川まで行きます。新十津川からは滝川を経由して国道12号線を使用します。

滝川からは約60kmほどで旭川まで行くことができます。一般道路を使用した場合の函館から旭川までの総距離は378kmで所要時間は7時間40分です。

 

一般道の場合には中山峠を超える必要があり、運転に自信がない方や、冬場の峠越えは慣れてない方はやめたほうが良いと思います。【冬場は一般道の場合は、さらに時間がかかります。】

函館から旭川までの高速道路を使用する費用対効果は以下の通りになります。

所要時間は120分短縮されます。

高速料金は、通常時には9740円で。

ETC割引時では6820円です。

 

通常時  0.81

ETC割引時 0.57

 

 

通常料金の場合には、1分短縮に必要な経費は81円位かかることになります。

ETC割引時では1分短縮することに必要な経費は57円であります。
当サイトでは、0.5以下だと効果は高いと考えています。
したがって、函館から旭川まで高速道路を使用することの費用対効果は、通常時では数値的には、低いと考えられます。

しかしながら、距離があるだけに120分短縮されることを考えますと高速道路を活用するメリットは高いです。

もう少し、料金が安いと使いやすいのですが…