hokkaidohighway’s diary

北海道と特徴としましては何と言っても広さです。この広大な土地を数日間で旅をする皆様に、車で移動する時の道路案内をすることを目的にはじめました。 目的地までに高速道路を使用することの費用対効果、全国各地の高速道路費用対効果の検証もしてみます。

札幌から伊達は高速道路(有料道路)か一般道路か?北海道 高速道路

北海道 高速道路

【札幌から伊達】
みなさん今日は札幌から伊達に行くには高速道路か一般道かで迷った時には読んでほしい内容です。伊達市は札幌から一般道路で行きますと
洞爺湖の奥に位置し、高速道路を使用して行きますと、室蘭の奥になります。

高速道路を使用する場合には、千歳、苫小牧方面から大回りになりますので、一般道路を使用するよりは距離が遠くなります。

そんな、伊達市ですが札幌から車で行く場合には、高速道路を使用した方が良いか?一般道路を使用した方が良いかを検証してみました。


まず、札幌市から胆振の伊達市までを高速道路を使用する場合の行き方です。札幌から伊達までは高速道路で行く場合には、札幌中心部から創成川通りを使用して北へ向かいます。約4kmほど進みますと札幌新道との交差点がありますので右折して、札幌新道に入ります。そして500mほど直進すると札幌北ICの入口が見えてきますので高速道路を使用します。道央自動車道の千歳方面で、伊達ICまで行きます。
札幌から伊達までの総距離は150kmで、所要時間は2時間05分です。高速料金は札幌北ICから伊達ICまで通常3730円です。

ETC割引時では2610円です。

札幌から伊達までの道のりを、一般道を使用する場合の行き方を記載します。 札幌から伊達へは札幌南区から国道230号線を通り、定山渓、中山峠を超えて洞爺湖に向かう経路が早いと考えられます。洞爺町まで行きましたら、国道37号線を使用して伊達へ走ります。一般道路を使用して札幌から伊達までの総距離は約120kmで、所要時間は2時間35分です。


札幌から伊達まで高速道路を使用した場合の費用対効果を考えると以下の通りになります。

高速道路を使用する事で、30分時間を短縮することができます。

高速道路料金は、通常時3730円です。

ETC割引時では、2610円です。

通常時 1.23


ETC割引時 0.87

 


通常料金時には1分短縮するのに必要とされる経費は123円となります。

また、ETC割引時での1分短縮するのに必要な経費は87円となります。
当サイトでは費用対効果が、0.5以下は効果が高いと考えています。
したがって、札幌から伊達までは、高速道路を使用する効果は低いと考えられます。

ハイシーズンの混雑する時期や、冬季の路面が不安定な時期は中山峠経由の道はじかんを要することがございますので、ご注意ください。