hokkaidohighway’s diary

北海道と特徴としましては何と言っても広さです。この広大な土地を数日間で旅をする皆様に、車で移動する時の道路案内をすることを目的にはじめました。 目的地までに高速道路を使用することの費用対効果、全国各地の高速道路費用対効果の検証もしてみます。

新千歳空港から札幌まで車で行くには高速道路か一般道路か?北海道 高速道路

北海道 高速道路

 

【新千歳空港から札幌】

f:id:hokkaidohighway:20180212214927j:image

 

新千歳空港から、札幌に行く時に一般道を使用する場合と有料道路を使用する場合を比較してみます。

 

先ず、新千歳空港から一般道を使用して札幌中心部までは国道36号線を使用し、創成川通りに入り1.5km走ると札幌中心部に到着します。距離は約47kmで所要時間は1時間20分程度です。ハイシーズンは混雑することも予想されます。

 

有料道路を使用する場合は、国道36号線から、道道77号線を使用して、千歳ICに入ります。もちろん札幌方面に向かいます。有料道路を約40km走り札幌北ICで有料道路をおります。おりた後は、札幌新道を500m程度走ると創成川通りに出ますので左折して約3.5km直進すると札幌中心部に到着します。
走行距離は55kmで所要時間は約55分程度です。有料道路の料金は1410円です。

 

新千歳空港から札幌中心部までの高速道路を使用する場合の費用対効果は以下になります。


通常時 0.56

 


1分間短縮するのにかかる費用は約56円です。
当サイトでは、0.5以下は効果が高いと考えています。0.5以下ではないですが、一般道が混雑することが多い道であるため、それなりの費用対効果はあると思われます。

当サイトでは、高速道路の使用をおすすめします。